浮気調査を利用する

探偵事務所に依頼されることの多い内容は浮気調査ですが、まず依頼する際にはある程度の怪しい部分がパートナーにあることを知らなければなりません。そのためにはまず、浮気のよくある兆候を知ることが必要です。例としては、残業や出張が増えたり、外出する時間が長くなったりすること、以前より急にオシャレになったり、夫婦生活の回数が減ったりすることなどもあげられます。これらのような疑わしい様子があった際には、浮気調査をお願いするか検討するのも一つの手です。

証拠ちなみに、浮気調査の目的についてですが、やはり離婚請求をするという目的が一番多いと言われており、次に弁護士をたてて慰謝料を請求すること、また事実確認を希望していたり話し合いたかったりすることを目的に利用されることもあります。

法的に有効となる浮気の証拠は、ホテルに出入りする鮮明の写真や、相手の自宅に長期滞在したときの顔が鮮明な写真などがあげられます。人違いということもなく、男女関係であることが確実である証拠があれば慰謝料請求時にかなり有利になります。

そのため浮気調査には正確な現場写真が求められます。調査は長期にわたることもあります。そうすると費用ば高くかかることが予想できますが、その分しっかりした証拠があれば慰謝料をたっぷり取ることができるでしょう。

関連情報>>>不倫の慰謝料請求依頼_アディーレ法律事務所